家庭菜園トップショッピング買援隊ブログ

カブ

絶品のカブ漬を味わいたい

アブラナ科
●難易度:やさしい。
●連作:不可。1〜2年はあける

※秋まきのカブは病害虫の発生も少なくとくに作りやすい。
カブ

1 畑の準備

土作り(カブ)土作り(カブ)
 

土作りは種まきの2週間前後には済ませておきます。1m2あたり堆肥1〜1.5L、配合肥料150〜200mlを全面にまき、深さ20cmくらいまでよく耕します。幅70cm、高さ10cmのベッドを作り、15cm間隔で深さ1cm程度の浅い溝をつくります。

※長いまき溝も、支柱を用いれば簡単につけられます。

支柱 支柱: 背の高い植物を支えます。

2 種まき

まき溝に2cm程度の間隔で、1粒ずつ種をまきます。まき終えたら、溝の両側から軽く土をかけて手で押さえ、水をたっぷりあげます。

カブの発芽
種まき後、3〜4日で発芽します。

カブの種まき

3 間引き

間引き(カブ) 間引きは2回に分けて行います。1回目は本葉2〜3枚のときで、込み合っているところをすきまがあくように間引きます。
2回目は本葉5〜6枚のときで、株間が10cm程度の間隔になるように間引きます。

4 カブの収穫

カブがあまり大きくならないうちに収穫を始めます。小カブは直径5cmくらいが適期。時期が遅れると割れたり、すが入って味が落ちます。
秋まき・冬どりのカブは収穫期間が長いですが、春まき・初夏どりのカブは品質の低下が早いので、早めにどんどん収穫します。
株間を20cmくらい取ります
大カブは直径15cm程度になります。株間を20cmくらいとって作ります。
収穫したカブ 収穫(カブ)
参考

多様なカブの地方品種
春の七草の一つとして古来から利用されてきたカブ(スズナ)には、各地に独特の地方品種があります。4kgにもまる大きなものもあるし、形は丸いもの、扁平なもの、逆に細長いもの、色も白、赤、紫など多様です。漬物で有名な野沢菜も、根は太りませんがカブの一種です。

日野菜カブ 金沢カブ金沢カブ
細長く、首元が紅紫色をした日野菜カブ 地上部が緑色で、直径15cmほどになる金沢カブ

カブの栄養素
根の部分:消化酵素、ジアスターゼなど。
葉の部分:カロチン、ビタミンC、カルシウムなど。

カブの効用
胃もたれ、胸やけ、カゼ予防、骨粗しょう症予防など。


カブ栽培カレンダー

▲ページトップ

平城商事株式会社 〒830-0055 福岡県久留米市上津1丁目10-35
Copyright (C) Hirakishoji Corp. All rights reserved.