家庭菜園トップショッピング買援隊ブログ

ハクサイ

鍋物には欠かせない冬野菜

アブラナ科
●難易度:ふつう。
●連作:不可。1年以上あげる

※種まきの手利きを守らないと結球しないことがあるので注意しましょう。

白菜(ハクサイ)

1 畑の準備

土づくりは植つけの7〜10日前に済ませておきます。1m2当たり堆肥1.5〜2L、石灰150ml、配合肥料200mlを全面にまいてよく耕します。
ベッドは幅70cm、高さ10cmとし、ビニールマルチを敷きます。植え付けは条間45cm、株間40〜45cmとしてマルチに穴を開けておきます。

土づくり

2 種まき

マルチの穴に浅いへこみを作り、1か所4〜5粒を離してまきます。種まき後は土をごく薄くかけ、手で軽く押さえてから水を十分にあたえます。
害虫除けなどのために寒冷紗を掛けておきます。


すきまから害虫が入り込まないように、
両端はフックでしっかり留めておきます。

3 間引き

 

本場が5〜6枚になったら、生長のよい株を1本残して、ほかは抜き取ります。残す株の根を痛めないように注意します。抜き取った株は、生長の良くないところに移植してもよいでしょう。
間引き後1週間ほどたったら、寒冷紗をはずします。

ハクサイの発芽 発芽後2週間のハクサイ

種まき後3〜4日で発芽します。

発芽後2週間たち、1本立ちにして順調に生育する株

4 追肥

追肥(ハクサイ)

種まき後30日ほどたったら、ベッド1m当たり100mlの化成肥料をベッドの両側にまき、軽く耕して土とよく混ぜ合わせます。

結球が始まったハクサイ
結球が始まる直前のハクサイ

種まき後1ヶ月ほどたち、結球が始まる直前の株。追肥を施します。

芯葉が立ち、結球が始まった。アブラムシやコナガの幼虫がつきやすく、発生すると葉と葉の間にもぐりこんでしまい、厄介なので、早目に駆除します。

5 収穫

 球の上の部分が縮まってきたら全体を手で押さえてみて、固く締まっていたら収穫適期。包丁などで根元から切り取って収穫するします。収穫後は、新聞紙に来るんで冷暗所に置いておけば、1ヶ月程度は保存できます。
収穫(ハクサイ) 収穫(ハクサイ)

参考

白菜の防寒対策

 霜が下りはじめてからもハクサイを畑に植えたままにしておくときは、寒さで傷まないように、球を外葉で包んでヒモで縛っておきます。こうしておくと、1月中旬〜2月上旬くらいまでは保存できます。 球を外葉で包んでいる白菜

ハクサイの栄養素
ビタミンC 鉄 カロチン 食物繊維 カリウム カルシウム マグネシウムなど 。

ハクサイの効用
高血圧予防 疲労回復 便秘改善 風邪予防 がん予防 利尿作用。


栽培カレンダー(ハクサイ
▲ページトップ

平城商事株式会社 〒830-0055 福岡県久留米市上津1丁目10-35
Copyright (C) Hirakishoji Corp. All rights reserved.