家庭菜園トップショッピング買援隊ブログ

種を巻く野菜、苗を植える野菜

ベッドにじかに種をまくのは、コマツナ、チンゲンサイなど丈夫で比較的短期間で収穫できるものや、ダイコン、ホウレンソウなど根が傷みやすく移植が苦手なものです。

苗を植えるのは、トマトやナス、キュウリなど、種まきから始めると収穫まで時間がかかりすぎるものや、苗が弱く、ある程度まで大きくしてから植えるほうが育てやすいもの。ポリポットや育苗箱に種をまいて自分で苗を育てるのもいいですが、、市販のものを購入するのが便利でしょう。

種は最適期にまくこと

種はその野菜の旬に収穫できるようにまくことが大切です。そうすることで、病害虫の被害も少なくなり、元気に育ちます。

種袋の裏には、その品種の特徴などとともに、種のまきどきや収穫の時期などが書かれているので、それを厳守することが大切です。

たとえば、ハクサイでは、種まきの時期が少し遅れただけで結球しないこともあります。同じハクサイでも、早生晩生など品種によって微妙にまきどきがことなるので、必ず確認しましょう。

3種類の種のまき方

ばらまき 条まき 点まき
ばらまき
ベッド全体に種をばらまく方法。コマツナ、ラディッシュ、シュンギクなどは、このまき方でもよい。
条まき
浅いまき溝をつけて、そこにたねをまく方法。ホウレンソウやニンジンなど種の大きいもの向き。
点まき
一定の間隔をあけて浅いくぼみをつけ、そこに数粒まく方法。ダイコン、トウモロコシなどに向く。

野菜にあった種のまき方

種のまき方には、大きく3つのスタイルがあります。ばらまき、条まき、点まきの3つで、野菜によってそれぞれに向いたまき方があります。

種をまいたら土をかけ、手でしっかり押さえておきます。ただし、土を厚くかぶせすぎると発芽しにくくなります。土は、種の直径の2〜3倍が適正とされています。

購入した苗はすぐに植えつける

トマトやナス、キュウリなどの苗は、4月中旬から出回ります。しかし、植え付け適期は5月上旬なので、あわてて買ってはいけません。節間の詰まった元気な苗を植え付け適期に買って、買ったらすぐ植えつけましょう。

長いこと店に並んだ苗は、根がポットのそこで巻くなど老化していることが多いようです。老化苗は植えてもなかなか育たないので避けましょう。

苗はバケツの水につけ、十分吸水させてから植えつけましょう。植え穴にも、あらかじめたっぷり水をやっておきましょう。

▲ページトップ

平城商事株式会社 〒830-0055 福岡県久留米市上津1丁目10-35
Copyright (C) Hirakishoji Corp. All rights reserved.