家庭菜園トップショッピング買援隊ブログ

必要な肥料とその働き 肥料

機能の異なる3つの肥料

肥料にはさまざまな種類がありますが、機能で分けると大きく3つに分けられます。

  1. 土をやわらかくするためのもの
    牛糞腐葉土など堆肥といわれるもので、これが土の中に適量に含まれていると、さまざまな微生物の活動が活発になり、野菜の根の生育や肥料の吸収を助けてくれます。
  2. 野菜に栄養を補給するもの
    一般にいう肥料はこれです。植物の生育に必要な栄養素のうち、特に不足しがちなのはチッ素リン酸カリの3つで、これを「肥料の三大要素」と呼んでいます。これらを適切に施すことで、野菜は順調に生育し、十分な収穫を得ることができます。マグネシウム、鉄、ホウ素などの「微量要素」は、普通は堆肥などに含まれている分で足ります。
  3. 酸性度を調整するためのもの
    一般的に石灰と称し、消石灰苦土石灰カキ殻石灰などがあります。日本の土壌は一般に酸性ですが、多くの野菜は弱酸性を好みます。そのため、土づくりのときにアルカリ性の石灰をまいて、酸性度を調整することが必要になります。

有機と化学を併用する

肥料を原料で分けたとき、動植物を原料としたものを有機質肥料化学合成で作られたものを化学肥料(無機質肥料)と呼んでいます。
最近は「有機」にこだわる人も多いようですが、じつは有機質肥料にも化学肥料にもそれぞれ利点欠点があります。両方を組み合わせて使用することで互いの欠点を補い安定した収穫をえることができるので、併用することをおすすめします。

肥料成分の見方

肥料には、からならず袋に8・8・8とか8・10・6などの数値が表示されている。これはその肥料に含まれえいるチッ素、リン酸、カリの重量比で、8・8・8ならなら100gの肥料の中に、それぞれの成分が8gずつ入っているという意味です。
さまざまな比率のものがありますが、家庭菜園では各成分が8〜5の有機配合肥料を選ぶといいでしょう。

元肥と追肥

種をまいたり、苗を植えたりする前に土に施しておく肥料を「元肥」といいます。一方、植えた野菜の生長に応じて施す肥料を「追肥」といいます。
コマツナやコガブなどなど種まきから収穫までの期間が短いものは、元肥を十分に施しておけば追肥の必要はありません。
しかし、トマトやナスのように生育に時間がかかったり、収穫が長く続くものは、途中で肥料が不足するので追肥が必要になります。


HB-101 HB-101
あらゆる植物の栽培に威力を発揮する、万能の活力・活性液です。使い方も水で薄めるだけなので、とても簡単!安全で無害なので減農薬栽培や有機栽培にもピッタリです 植物本来の働きを活力化させる天然の栄養成分ですから、野菜、花、果物、観葉植物、菊、盆栽、山野草、茶、キノコ、ハーブ、バラ、芝生、樹木等すべての植物に効果を発揮します。

▲ページトップ

平城商事株式会社 〒830-0055 福岡県久留米市上津1丁目10-35
Copyright (C) Hirakishoji Corp. All rights reserved.